クレジットカードの中によくあるのが年会費がかからないタイプのものです。
でもクレジットカード会社が儲けるためには年会費や分割払いやリボ払いによる手数料がなければいけません。

クレジットカードの年会費については、年会費無料というものと、実質年会費無料の2種類があります。
実質年会費無料というのは、本来は年会費がかかる有料のカードなんだけれども、無料にするための条件をクリアすれば実際には年会費がかからない状態にできますというものです。

上手くできている仕組みで、その実質年会費無料が実現するための条件には、クレジットカードを利用することが必須なのです。
代表的なものでは、年間にクレジットカード決済を最低でも1回以上することや、クレジットカードの利用金額総額の条件、分割払いやリボ払いの利用があることや、Web明細を利用することなどがあります。

クレジットカードの利用状況が確認できれば良いことが多いので、場合によってはスマホの料金などをクレジットカードで毎月支払うだけでも年会費を無料にできることもあります。

この手のタイプのクレジットカードは利用しなくなったときに速やかに解約しなければ年会費が発生してしまうことがデメリットですが、クレジットカードの現金化に利用するためには好都合なこともあります。

クレジットカードの現金化を利用するときは、換金率によって現金化したい金額を割り出してそれに見合う金額を利用します。
つまり換金率が80%だとしたら30万円の利用で24万円の現金を手にできる計算です。

でもその後は30万円の返済が必要になりますから、分割払いとかリボ払いを利用することも多いです。
つまり、クレジットカード現金化をすることで年会費無料の条件をクリアする可能性があります。

条件をクリアしやすいというところから見れば、実質年会費無料のクレジットカードは現金化に使いやすい条件です。
それとショッピング枠の残高があればなお現金化しやすいです。