クレジットカードは年会費がかかるものと思っている方も多いですが、それ以外にも実は費用がかかることがあります。
年会費が無料のカードの場合は、発行するときに手数料がかかったり、解約するときに手数料がかかることがあります。

発行手数料がかかることが多いのが近年のETCカードです。
年会費は無料でも発行手数料がかかるとなんとなく損した気分を味わいます。

解約するときに手数料がかかるのはJCBオリジナルシリーズで、何万円もの高額な金額ではないものの、お金がかかるのはあまり歓迎できる印象はありません。
近年では解約に手数料がかかるクレジットカードはほとんどありません。

クレジットカードの現金化のためにクレジットカードを作るときは、どんなに換金率が良い現金化業者を見つけたとしても、費用が先に発生するクレジットカードはあまりおすすめできません。

できれば初回のクレジットカード発行のときは無料で利用できるカード会社の方が、入会する側としても安心できます。
クレジットカードを利用して後払いをしたり分割払いにして月々の負担を減らしたり、現金が必要だから現金化をするのですから、これは当然のことです。

それとリボ払いや分割払いの手数料は大抵の場合決められていますが、年会費が無料でもこの手の手数料が高いようではやはり使いやすいとは言えません。
手数料関係が適切な設定になっていることも考えたいところです。

そもそもどうしてクレジットカード現金化をするのか、それを考えると余計なお金をかけたくないことは明確になります。
クレジットカードの年会費が無料でも、盗難保険が別に必要になったり、何らかの保証のためにいくら必要などという制度があるときは、利用を見合わせることも必要です。

クレジットカードの現金化に適してるクレジットカードを探すなら、やはり自分が使いやすいと実感できるもので、ある程度日ごろからショッピング枠を利用していて信用されているカードが良いです。